ひげの永久脱毛は値段を参考にしましょう

脱毛サロンで、ひげの永久脱毛ができると聞くと、意外に思う人が多いのではないでしょうか。ビキニラインや、脇の下、足や腕などが、永久脱毛を施す部位としてはよく知られている部分といえます。この頃は、男性がひげの永久脱毛をするというパターンも珍しくないといいます。多くの男性が、ひげが濃すぎてコンプレックスを感じていたり、手入れを面倒に思っています。毎日のようにシェーバーやカミソリを使って剃っておかないと、すぐにまた生えてくるなど手入れにも手間がかかります。ひげが濃くて悩んでいる男性は、ひげの永久脱毛をすれば、朝の忙しい時間の短縮になります。いつでも無精ヒゲや剃り残りのない、すっきりとした顔になれれば、清潔感もよくなります。あまりにひげが濃くて、いつも気になっていたという人でも、永久脱毛を受ければひげを一掃できます。脱毛クリームを使ってムダ毛の処理をすることも可能ですが、脱毛サロンや美容クリニックなら、永久脱毛処理をしてもらうことが可能です。まずカウンセリングを受けてみて、永久脱毛の効果や、施術の内容、注意すべきことを確認できれば、初体験でも安心して受けることができるでしょう。永久脱毛は何回か通い続ける必要があるので、通いやすい脱毛サロンにすることも大切です。ひげ全体の永久脱毛をするにはそれなりの値段が必要となるので、脱毛施術の値段や期間を確認した上で、自分の希望に合う脱毛サロンを選択するようにしましょう。

ひげの永久脱毛が完了するまでの期間

もしもひげの永久脱毛をするなら、一度の施術では終わりません。ひげには休眠期、成長期、退行期、というサイクルがありますが、永久脱毛によって脱毛できるのは、このうちの成長期にあるひげだけです。毛根がひげをつくっている最中でない限り、永久脱毛を施すことができません。少しずつ時期をずらしながら、脱毛できる毛に限って、少しずつ永久脱毛していくことになります。どんな永久脱毛をしているかでも、要する期間は違うものになります。ひげの永久脱毛の方法によって、1回に処理できる本数が異なるので、脱毛施術に要する期間にも差が生じてきます。5回は同じ部位の永久脱毛を受けることで、全ての毛根が新しいひげをつくれない状態にして、脱毛効果を確定させることができるでしょう。最初の一回で成長期の毛根の脱毛ができたとしても、退行期や休眠期の毛根が成長期になればひげが生えてきますので、また永久脱毛が必要です。新しいひげが生えないようにするには、レーザーを使った脱毛施術を5~15回行って、毛根の再生機能をなくしていきます。光による脱毛の場合はレーザー脱毛より出力が弱いので、倍くらいの回数が必要となり、満足いくレベルまでするのに1年から2年掛かり、長い人で3年ぐらいの期間が必要となる場合もあります。肌質や、ムダ毛の質は人によって違います。もともと体毛が薄い人の場合永久脱毛の効果が少し出るだけで十分に処理をすることができますので、1年以下で済むこともあります。ひげを永久脱毛してある程度綺麗にするのではなく、ツルツルの状態にするのであれば、2年ぐらいは掛かるものと考えておいた方が良いでしょう。

ひげの永久脱毛は値段を参考にしましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です